文系大学院生の読書録

詩・ミステリ・たまーに洋書

親の影響から逃げられるのか。「天気」リンダ・パスタン

 

"Weather" by Linda Pastan

***

小さい頃、黒い傘が光を遮るように、父親に脅されていた。そのせいで、今の人生はシンプルすぎて、まるで普通じゃないみたいに思える。

 

You speak of this,

throwing the window open

on a plain spring day,

dazzling

after such a winter.

あなたはそんなことを話しながら

まっさらな春の日に向かって

窓を開け放つ

まばゆい

あんな冬のあと。

 

*** 

 親に抑圧されてきた語り手の友人は、やっと手に入れた穏やかな生活が、まるで「例外的」なものに感じられてしまいます。けれど、冬は春になり、父親の黒い傘はもう閉じられて、頭上には春の青い空が広がっています。その「普通」の生活を信じられないでいる友人ですが、詩人は、それがいつか友人にとってあたりまえになることを確信しているかのようです。

 親から受けた影響から逃れられないのではないか、自分も子供に同じことをしてしまうのではないか、と不安になることがあります。そんな時、私の目は過去の黒い傘の影をひたすら見つめ続けているのかもしれません。実際には、青空が広がっているのに。あなたの頭上にあるのは、未来にあるのは、もはや親の影ではなく、春の青空なんだと、詩人はそっと呼びかけているのでしょう。

 

"Weather" by Linda Paston(1932-)

from Good Poems ed. by Garrison Keillor.(p.228)

Good Poems

Good Poems