文系大学院生の読書録

詩・ミステリ・たまーに洋書

どっちが飼い主?「犬の散歩」ハワード・ネメロフ

 

"Walking the Dog" by Howard Nemerov

 

 

「なぜ詩を書くのか?」リーゼル・ミュラーとは全然違った答えが出てきた。

 

 

犬の散歩に行く。「彼はしっぽを立て、鼻を下げて」こそこそ歩いていく。一方「私」はいつも街灯を見上げているので、犬の様子はよく見ていない。

  

犬が茂みに夢中になると、「私」は立ち止まるしかない。けれどそれも「もう立っていられない、と私が我慢できなくなる」まで。「私」と犬の関係は「忍耐で成り立っていて」、「バランスをとりながら」一緒に生活をする仲。「互いの考えには口を出さない」ことにしている。

 

 

「私」と犬には一つ共通点がある。それは犬が「私」に教えてくれた「ふん」のこと。ふたりとも「ふんのことは全部知っている」。だから道端のふんがどうなったのかを「確かめながら、私たちは歩いていく」。

 

もちろん犬のほうが「ふんに対する感覚」が鋭い。 いい場所を見つけると「三回まわって、しゃがんで、ふんをする」。それがすむと、ふたりで「威厳をもって」家へと帰る。ただ、これだけだとどっちが犬でどっちが飼い主だかわからない。だから「私はどっちが飼い主かを示すためだけに、詩を書く」。

 

***

「私」は自分が飼い主だとはっきりさせるために詩を書くのだけど、その詩の中で、犬は彼と同じ重さを持つひとつの「宇宙」だ。ふたりの間を結ぶのは「愛とリードだけ」。片方がもう片方を飼っている、なんて「私」はあまり考えていないんだろうな。

 

Walking The Dog - Howard Nemerov

"Walking the Dog" by Howard Nemerov(1920-1991)

from Good Poems. Garrison Keillor ed. (p.240)

Good Poems

Good Poems