文系大学院生の読書録

詩・ミステリ・たまーに洋書

ほのぼの

どっちが飼い主?「犬の散歩」ハワード・ネメロフ

"Walking the Dog" by Howard Nemerov 「なぜ詩を書くのか?」リーゼル・ミュラーとは全然違った答えが出てきた。 犬の散歩に行く。「彼はしっぽを立て、鼻を下げて」こそこそ歩いていく。一方「私」はいつも街灯を見上げているので、犬の様子はよく見ていな…

娘の目にはパパの笑顔。 Richard Jones "After Work"

Richard Jonesの"After Work"。 これはニューヨークの大都会で働くお父さんの詩。 地下鉄の駅から、夕暮れのマンハッタンへと出る。「スーパーの女たち」も「タクシー運転手」も何か大声でわめいていて、まるで「心臓を乱暴に掴まれた」みたい。 「一日中働…